イタリア大好き タウラージ 忍者ブログ
イタリアに関する役立ち情報、おいしいもの等を紹介したいと思います。 リンクはフリーです。
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Vino Vino
年齢:
18
性別:
非公開
誕生日:
1999/12/31
職業:
イタリアマニア
趣味:
イタリア放浪
自己紹介:
イタリアのワイン好き、食べ物が好き、ファッションが好き、人が好きのイタリア狂です。(笑)
そんな私の気になるイタリアを紹介していきたいと思います。
バーコード
ブログ内検索
お小遣い稼ぎ総合支援サービス豚の貯金箱
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カンパーニャ州から超レアなタウラージ ペリッロが造るタウラージ・リゼルヴァ 2000カンパーニャ州から超レアなタウラージ ペリッロが造るタウラージ・リゼルヴァ 2000
Taurasi Riserva 2000Perillo
タウラージ・リゼルヴァ 2002 生産者:ペリッロ
(イタリア・カンパーニャ州産・赤ワイン・750ml)
生産量たった2800本
の超レア物!
樹齢70年の古木に”非常に珍しい馬のしっぽ”と呼ばれる
アリアーニコ種から生まれるタウラージ。
決して流行に流されない、丁寧に1本1本造られるワイン。
タウラージの真髄・伝統を伝える台地のワイン。以前は、地元消費用のワイ
ンだけを生産してきた家族経営の
小さな蔵「ペリッロ」。
評判が評判を呼び、現当主ミケーレ氏が1999年より初めて瓶詰を
開始しました。
 ペリッロの所有する畑は合計4ha、その殆んどの畑が標高550mを
超える位置にあります。中でもカステルフラーチにある1haほどの畑は
接木の台木がアメリカ産のものではなく、オリジナルの台木を使用
しています。
ここで生まれるアリャーニコは通常に比べ小粒でまばらな感じの
房を持ち、“馬のしっぽ”と呼ばれている特別な種類に分類され、
タンニンが丸く凝縮した、甘味ある味わいが特徴です。
しっかりしたタンニンに高いアルコール分。そして新樽の使用。
通常であればやぼったいワインを想像してしまいがちですが、
この標高の高さと石灰を多く含む土壌は綺麗な酸を生み、ワインを
エレガントに仕上げ、長期熟成することでその素晴らしさが更に
増すといいます。
パワフルだけれど酸、果実味、甘くしっかりとしたタンニン
と上手く融合している非常にリッチなワイン。
生命力が湧き出ているそんな要素が伝わってきます。
ブドウ品種 : アリャーニコ 100%
熟成 :フランス小樽にて18−20ヶ月熟成(新樽比率30−35%)
その後、瓶熟1年(ろ過なし)。

さらに詳しい情報はコチラ≫



PR
タウラージ 2001 ヴィッラ・ライアーノ(イタリア・カンパーニャ産・赤ワイン)タウラージ 2001 ヴィッラ・ライアーノ(イタリア・カンパーニャ産・赤ワイン)
Taurasi 2001 Villa Raiano
タウラージ 2001 生産者:ヴィッラ・ライアーノ
(カンパーニャ州産・辛口赤ワイン・750ml)

「ヴィッラ・ライアーノ」は、カンパーニャに1996年に設立された
ばかりの、まだ10年にも満たない新しいワイナリー。
しかし、数年前よりその評価は高まり、2005年版の『ヴェロネッリ』誌で
は、この「タウラージ 2001」が早くも最高評価である
「スーパー・トレ・ステッレ」を獲得(しかもヴェロネッリ氏の認証マーク
「Φ」つき) まさに今が伸び盛りのワイナリーです。
ヴィッラ・ライアーノのワインはイタリア中の高級レストランに販売
されているといいます。勿論、地元カンパーニャ州のレストランでの
使用率は非常に高く、絶大な信用と評価を得ています。
「バッソ3兄弟」の、ワイン造りへの思いが素直にブドウに表現され、
またそのワインには、南イタリア・ワインの神様「ルイジ・モイオ」氏
の手によって、特徴がストレートに、真直ぐに表れています。
ガーネット色の、しっかりとして複雑な、赤い果実や香辛料の香り。
口に含むとまろやかで、調和の取れた渋み。余韻の長い熟成タイプ
のワインです。 ぶどう品種:アリアーニコ 100%
さらに詳しい情報はコチラ≫



アントニオ・カッジャーノのタウラージ・ヴィーニャ・マッキア 2000 カンパーニャ産アントニオ・カッジャーノのタウラージ・ヴィーニャ・マッキア 2000 カンパーニャ産
Taurasi Vigna Macchina dei Goti 2000 Antonio Caggiano
タウラージ・ヴィーニャ・マッキナ・デイ・ゴティ 2000
生産者:アントニオ・カッジャーノ
(イタリア・カンパーニャ州産・赤ワイン・750ml)

アントニオ・カッジャーノはもともとは建築家。
1990年、趣味が高じて、息子の家を建てるために買った土地に醸造所
を建ててしまいました。
彼の父親はワインブローカーで、畑も20ha程所有していたので、全くの
素人でというわけではなく、ワイン造りも一応勉強していました。
世界的に”タウラージ”のワインは認知されていますが、真剣に品質
を追求するワイナリーがなく、またタウラージの人間として、伝統を
若い人たちに伝える必要があると思い、ワイン造りを始めたそうです。コン
サルタントには、ルイジ・モイオ氏を採用しています。彼のワインは、濃縮
度が高く、リッチで皮やスパイスのような複雑
な風味が魅力的。力強さと、柔らかさの良いバランス。
是非試していただきたい、タウラージです。
専門誌でも高い評価を得ています。
ガンベロロッソ誌 2グラス
ワイナート誌 92点
ぶどう品種:アリアーニコ
熟成:樽18ヶ月

さらに詳しい情報はコチラ≫



忍者ブログ | [PR]
| Skin by TABLE e.no.ch