イタリア大好き わが友マキアヴェッリ―フィレンツェ存亡 |塩野 七生 忍者ブログ
イタリアに関する役立ち情報、おいしいもの等を紹介したいと思います。 リンクはフリーです。
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Vino Vino
年齢:
18
性別:
非公開
誕生日:
1999/12/31
職業:
イタリアマニア
趣味:
イタリア放浪
自己紹介:
イタリアのワイン好き、食べ物が好き、ファッションが好き、人が好きのイタリア狂です。(笑)
そんな私の気になるイタリアを紹介していきたいと思います。
バーコード
ブログ内検索
お小遣い稼ぎ総合支援サービス豚の貯金箱
[212] [211] [210] [113] [111] [208] [109] [88] [87] [60] [45]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

わが友マキアヴェッリ―フィレンツェ存亡わが友マキアヴェッリ―フィレンツェ存亡
塩野 七生
新潮社 刊
発売日 2001-10




合理的思考 2004-10-01
マキアヴェッリは、極めて合理的な思考の持ち主で、それを処世術として文
章に表している。塩野女史も彼にほれ込み、彼の解釈本を多く出している。
原典に当たることをお勧めするが、手っ取り早くこの本を読むこともよいか
もしれない。

史料に対する「あたりまえ」の視点からの想像力 2004-02-14
 本作は、まだ塩野七生氏が言論界の中で主流派の位置になく、
それだけに一級の史料考証と、歴史学研究史の理解と整理に
基づきながら、複雑な陰影を帯びた明朗な文体を駆使して
イタリア・ルネッサンス期の卓越した紹介者としての地位を
確立していた時代の佳作である。
 
 マキャヴェリという非凡で現実に即した直截的な思想家の生涯を、著者独自の視点でスライスしてくれる。その断面の
着眼点が面白い。冷徹な現実家としてのマキャヴェリの闊達
で女性好きな、人生の快楽に浸り味わう一面を著者一流の
共感と愛情を以って描き出す。また、「君主論」という書物
の置かれた時代環境を、特に受け取ったエリートの立場を
踏まえて叙述する点などは、著者ならではのものだろう。 本作を含めたイタリア・ルネッサンス期を題材にしていた
頃の著者の作品は、概して今日読んでも十分に堪能できる
佳作が多い。思想立場問わず、是非一読を勧めたい。

悪魔の書ではありません! 2002-08-20
塩野七生を理解するにはこの人を外しては考えられません。彼女の著作すべてに脈々と内包されている透徹した目は、マキアベッリそのものではないですか。世の中そんなに甘くない、天国に行きたい人は、地獄への行き方を知っているほうがどんなに役に立つことか。表面的なあるいは情緒的な反感はこの際すっぱり捨てましょう。生きることは戦いである。進化論を待つまでもなく、自然淘汰は世の常ではないですか。そこにこそ人生を生き抜くアルテがあることを認識しましょう。マキアベッリを知らずして、世の栄達はないにちがいない。あとは、あなたにフォルトゥーナがありますように!
ついでに、サマセットモームが書いた「Then and now」もいっしょにどうぞ。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
COMMENTS
お名前

タイトル

メールアドレス

URL

コメント

パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACKS
忍者ブログ | [PR]
| Skin by TABLE e.no.ch